sisonoro 歯槽膿漏(歯周病)について


歯槽膿漏(歯周病)とは、歯茎の炎症によって歯の周りの骨が溶けて、歯がグラグラになったり、歯茎 が 脹れたりする病気です。虫歯とともに歯を失う大きな原因となっています。
歯槽膿漏(歯周病)は口の中の不潔から生じます。一見きれいに磨けていると思っても、歯と歯ぐきの 境目に汚れが貯まっているとそこが細菌の巣となって、歯茎の炎症を起こしてしまいます。
また、歯のかみ合わせが悪いと、それが原因となって歯茎の炎症を起こす場合もあります。
歯槽膿漏(歯周病)は、自分で気付いた時には、かなり進行していることが多いので早期発見、 早期治療が大切です。
歯石とプラークについて
プラークとは、歯垢ともいわれ、歯の表面に細菌が付着・増殖したものです。
この中のいくつかの細菌が虫歯や歯槽膿漏(歯周病)を起こすことがわかっています。
歯石はプラークが石灰化して固まったもので、歯ブラシなどでは取れません。
歯槽膿漏の進みかたをGIFアニメにしてみました。こちらへどうぞ。
プラークコントロールについて
歯磨きをしないとすぐに歯の表面にプラークが付いてきます。これを取り除くことを
プラークコントロールといいます。詳しくはブラッシングのページでご覧ください。

歯周病の治療
  1. 患者さんがやること
    • プラークコントロール
    • 歯茎のマッサージ
  2. 歯科医師がやること
    • プラークコントロールの指導(ブラッシング、歯間ブラシ、フロス)
    • 歯石除去、歯面の清掃、
    • ポケット掻爬または手術
    • 動揺歯の固定

ホームページへもどる